Deep-frying Foot ~ゲーム三昧なブログ~

適当にRPGゲームなどのプレイ日記をひたすら綴ってるブログです

[閃の軌跡3 -4-] いざ白亜の旧都へ


怪我の状況は徐々に回復しておりましたが、なにぶん左腕の負荷が相当で毎日疲れておりましたら、広告が入ってしまいました。
普通にキーボード打ちくらいとアクションでなければ、コントローラー操作は出来るようになりました。

さて、サボっていた間に、スパロボTの情報とかスパロボDDの情報とか他にも色々ゲームの情報があったり
色々なゲームの発売が近づいてきたり、もうとっくに過ぎたり。
プレイの方は、閃の軌跡4をやっていますが、まだ年内にはクリア出来なさそうです。

スパロボTはまだswitchで買うかPS4で買うか迷っております。
そもそもスパロボXがまだクリア出来ておりません。
そして、スパロボDDの先行プレイをしております。
結構色々まだ表示とかおかしな所ありますよね。テストだからまあそうだろうなとは思いますが。

クルト君の奥にそっとミュラーが!
英雄伝説 閃の軌跡III_20171230113918

いつもの事ですが、ネタバレ満載のプレイ日記です。

第一章



4/17(月) 機甲兵教練
英雄伝説 閃の軌跡III_20171207153456

昨日運送会社やらこまごまとした雑用を手伝って回ったわけですが、
ミハイル少佐からは、責めるつもりはないが、少しは立場を考えたらどうかね? と言われてしまいました。

英雄伝説 閃の軌跡III_20171207153612


でも分校長がいいぞもっとやれ(意訳)と言ったので


リィン教官の雑用係化が確定しました。


まぁ最初から依頼が分かるようになったのは助かりますからね。

リィン教官って、ヴァリマール以外の機甲兵も扱えるの?
しかも太刀じゃなく、機甲兵用の剣を使うと。
騎士剣術も父から教わっているそうですよ。

ランディから昨日のラジオの話をされますが、流石に本当の事は話せないか。

そしていよいよ機甲兵教練です。

英雄伝説 閃の軌跡III_20171207154756


ユウナは機甲兵に乗るのはクロスベル出身として複雑なようですが、筋はかなりいいようです。

あ、リィンはトールズの本校に機甲兵教練があったのか。
それで教官が出来るくらい乗りこなせてるのか。

機甲兵、ドラッケン2(リィン)戦
まずはユウナとクルトでリィン教官と模擬戦をしますが、
これはチュートリアル的なものなので、落ち着いてやってれば普通に勝てます。

次にアッシュとゼシカと模擬戦をという事になると、
アッシュはランディの使っているヘクトルに乗ってリィンと一対一でやってみたいと。

英雄伝説 閃の軌跡III_20171207155607


ヘクトル弐型(アッシュ)戦
いい感じに必殺技でブレイクしたので、あっという間に倒せてしまいました。


見たか! こっちは一応教官なんだぜ!


終わった後もちゃんと教官らしくアドバイスをしてあげられる余裕もあったくらい。
しかしアッシュはなんであんなにリィンを良く思ってないんでしょうかね。

生徒たちにも特別演習カリキュラムの事が伝えられます。
地方の演習という事で生徒たちはドキドキワクワクしているようですが、大丈夫かな。

サザーラント州 旧都セントアーク……だっけ?

ここでリィン教官の査定コーナーでした。

4/21(金) 演習地出発
英雄伝説 閃の軌跡III_20171207161107


第二分校専用、特別列車 《デアフリンガー号》だそうです。

英雄伝説 閃の軌跡III_20171207161247


その列車を引き渡しに来たのは、鉄道憲兵隊のクレア少佐でした。

英雄伝説 閃の軌跡III_20171207161409


そのクレア少佐はクロスベルの警察学校で臨時教官を務めた事があったとかで、
ユウナやランディとも顔見知りでした。

今回の演習に、オーレリア分校長とシュミット博士は同行しないそうです。

一応戦力として考えていたトワ教官やらミハイル少佐も慌てますが。
まぁそんな気はしてた。


ヴァリマールあるだけマシだろう。


オーレリア分校長は、リィンに対しては

巨いなる力を持つ者として
流れを見極めてくるがいい。


英雄伝説 閃の軌跡III_20171207162309


なんかまだ第一章なのに大変な予感しかしないです。

列車の中での教官のブリーフィングですが、7組は他クラストとは独立した内容のカリキュラムになっているらしいです。
その時にリィンと3名の生徒も同席して貰ってブリーフィングをすると。

リィン教官列車内をウロウロするらしいですよ。


落ち着きないな。


とりあえず


教官のシャワーシーンはなかったです



英雄伝説 閃の軌跡III_20171207163422


カード(VMだっけ?)がユウナにどうしても勝てなくて、もう諦めようかと思った……。

アルティナちゃんは、機甲兵操縦が上手くいかなくて悔しいと感じているようで、
悔しいって感情があるって事は、アルティナちゃんにもなんらかの変化が出て来たって事ですよね。

ヴァリマールがわずかに感知したした霊力(マナ)の気配ってのも気になりますね。

トワ会長が車内放送で早く寝ろと全校生徒に言うので、部屋に戻って休みます。
教官用客室は、ランディと同室のようですね。

4/22(土) 演習1日目
英雄伝説 閃の軌跡III_20171207174814


《ドレックノール要塞》やら《旧都セントアーク》の城壁を遠目に見たりしながら、ようやく列車は演習予定地へ


フィーちゃん!


英雄伝説 閃の軌跡III_20171207175540

なんだか厄介な時に来た感じなのでしょうか……。

ところでこんな何も無い所で列車止めていいわけ?
それ専用の路線って事でいいのかな。

設営も順調に進んでいく中、7組への演習内容が説明されます。
第一は『広域哨戒』という事で、情報収集活動と
第二が『現地貢献』、演習を現地に肯定的に受け入れてもらうための支援活動……だそうです。


つまり現地ふらふらして色々手助けしたりしてこいと


『特務活動』って物は言い様だな。


ハイアームズ侯爵閣下って、パトリックのお父さんって事でしょうか。

地方で演習を行う場合、現地の行政責任者の許可がどうしても必要なので、まずは挨拶して来いと。
で、会いにセントアークへ行くにはここからだと街道を徒歩で行くしかないと。


帝国地図で見た時結構距離あったぞ?


でもクレア少佐が同行してくれるそうですよ。
ちょうど侯爵閣下に用事があるようです。

しかしこれ、出発前に色々生徒と話したりしておけって事か……。

英雄伝説 閃の軌跡III_20171207181201


装備とか買う資金が無かったので、ポテサラ錬金しました。
またこれか……って気もするけど、資金は大事だから仕方ない

南サザーラント街道
なんでまず錬金しようとしたかというと、一回街道に出たのですが、釣りが全然釣れないのでもうちょっと釣り道具を買おうと思ったわけですよ。
あと装備も買いたかった、特にユウナとクルトの。

というわけで改めて街道へ

釣り道具を新調したら、びっくりするくらい楽に釣りが出来るようになりました。
それから武器も新しくなっているので、敵も楽に倒せていい感じです。

セントアーク

英雄伝説 閃の軌跡III_20180105202703

英雄伝説 閃の軌跡III_20180105202958


帝国の五大都市の中では、帝都と同じくらい歴史のある街だそうですよ。

早速クレア少佐に案内されて、ハイアームズ侯のお屋敷へ
この人がパトリックのお父さんですかね。

英雄伝説 閃の軌跡III_20180105203037

執事のセレスタンさんも側に控えてました。
去年一足先にセントアークに戻っていたセレスタンさんは、パトリックを気にしていた様子ですね。

英雄伝説 閃の軌跡III_20180105203206


ハイアームズ候から、7組への要請の書かれた紙を受け取ります。
重要調査項目とあって、“謎の魔獣”の目撃情報に関する調査なんてのも含まれてました。
その魔獣というのが、“金属の部品で出来たような魔獣”だったらしい。

英雄伝説 閃の軌跡III_20180105204040

その調査以外の要請は、ご馳走調達とか、迷い猫の捜索だとか割と簡単そう…に見える。

リィン教官はあくまで教官として見守るだけにするから、3人で任意の要請に関してはどうするのか決めていいと。

街の中で片付けられた依頼を済ませて、北サザーラント街道へ調査に出かけます。

北サザーラント街道
ちょっと脇道に入った場所に行くと、何か機械音と共に現れました。
結社も使っていた、ファランクスJ9です。
3体出てきた所を、リィン教官のSクラフトでさっくり片付けました。

すると謎の男が現れました。
自称狩人さんで、魔獣の噂を聞いて調べに来たんだそうです。
なんだかこの人もいかにも怪しいですし、奥の崖下には人形兵器の残骸が山になっていてどうやらあのおじさんがやったようですし…。

英雄伝説 閃の軌跡III_20180105221518


一旦セントアークに戻って改めて、西サザーラント街道へ
関連記事

カテゴリー:閃の軌跡3

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

プロフィール

Author:Sister☆
RPGゲーム大好きなヘタレゲーマー。
最初のクリボーでやられます。
プレイ日記を書いたりするのが好きです。

現在進行形
イース8
ドラクエ11

相互リンク等は
はじめに、このブログについてより

ご連絡が必要な際は
こちらのメッセージフォームより

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示