Deep-frying Foot ~ゲーム三昧なブログ~

適当にRPGゲームなどのプレイ日記をひたすら綴ってるブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

[OT -10-] 「台風みたいなもんだ、覚悟を決めてありがたく拝聴しろ」


switch版のドラクエ11についての情報が出たようですね。
ボイス入りってのがかなり気になっているのですが、色々欲しいものも積みゲーも多くて本当に発売時期によるなと。
おそらく買うは買うんでしょうけど、いつ買うかって事ですね。

とりあえず、本日各キャラシナリオだけは終わりました。
日記はとりあえずはあともう一回となります。

いつもの事ですが、ネタバレ満載のプレイ日記です。
第四章やっていきますので、終盤ネタバレかなりあります。

第四章 オフィーリア、プリムロゼ、サイラス




色々悩んで、今度はオフィーリアを進めていきます。

フラットランド地方

ノーブルコート
西ノーブルコート平原
西ウィスパーミル平原

ウィスパーミル

2018092218550800.jpg


なんかシナリオも始めてないのに、暗く重い雰囲気です。
のどかそうな村なのに。

2018092218564200.jpg

絶対なんにもないってことはない音楽が流れているんだが

ほとんど何もしないうちに、魔女呼ばわりされて捉えられてしまいました。

やっぱり自称救世主はマティアスさんでした。

どうやら聖火の力を弱めて、そこに封じられている神ガルデラの魔力を自分のものにしようとしているらしいです。

そしてその力を得るためにリアナを利用しようとしていると。
オフィーリアはいざという時のリアナの代わりとすると。

2018092219050100.jpg

2018092219050700.jpg


ハンイットさんがとても頼もしい!


リアナはファザコンという枠に納まりきるんだろうか。
おそらく両親を亡くしているオフィーリアは分かっているんでしょうけど、リアナはまだ受け入れられないんでしょうね。

そうか、サイラス先生の推理だと、洞窟に何か鍵があるようです。
別に最初は小さな所からコツコツとって精神な訳ではないのか。

漆黒の洞窟

なんだかとてつもなくでかい奴が雑魚敵として出てきて、すごく時間かかった。
なんなのあいつ。。。

やはり怪しい儀式をしておりました。

まずは手下を軽くこてんぱんにします

止まらないリアナにかける言葉がなくなってしまったオフィーリアが思い出したのはかつてのヨーセフ大司教の言葉。

2018092220045500.jpg


子供オフィーリアとリアナかわいい。


そしてヨーセフ大司教、やっぱり凄い人だったんだなぁと。

ここまで読んで……はいないだろうけど、さすが大司教。
RPGの大司教って大概悪い奴イメージあってごめんなさい。

聖火の種火の色が戻り始めた!

ボス、マティアス戦


この男、戦闘に入ったのにまだ喋っている


よっぽど人に相手にされない悲しい思い出があるんだろうか


戦闘の方は、途中全体魔法が封じられてどうしようかとなりましたが、落ち着いてアイテム使用に切り替えて溜め込んでた精霊石をばんばん使いました。
結構ギリギリで耐えることが多く、四章ボスにしては珍しく戦闘不能に誰もならずに撃破。


愛がいらないって、やはり相当寂しい奴だったのか


村人が立ち上がる前に良かったって言いましたね、この子。

教皇様って存在したのか!

相当強引に塞ぎ込んでいるリアナを連れ出します。

2018092220375000.jpg

確かに、塞ぎ込んでたらご飯美味しくないですね。
美味しいものはまあ泣きながらでも美味しいですが。

あ、そういえばあの人の名前出てきませんでしたが、それで繋がっているわけではないのか。

2018092220403100.jpg


ハイランド地方

ストーンガード
北ストーンガード山道
西ストーンガード山道
西エバーホルド山道

2018092221291700.jpg
2018092221291900.jpg


プリムロゼさんに好き勝手言われる、サイラス先生とテリオンwww

エバーホルド

シナリオ開始のスクショは撮り忘れました。
適当なんでそんな事もある。

元彼のポエマーを追いかけて、エバーホルドヘやってきたプリムロゼ

大劇場ってあるけどとてつもなく不気味なんだけど。

エバーホルド -大劇場-


ポエマーの独り言かと思ったら聞こえてた


ここはダンジョンが広くて、攻略していきながら舞台のお話が進んでいくっていうシナリオらしい。

この人こんなやばい後半の内容で舞台作って、結構お客入ってるけどどうなんだろう。

すっごく後味悪そうなんだけど、面白くはなさそう。

このポエマー、本当にキモい。

多分、8人のボス格の中で一番キモい。

ボス、シメオン、あやつり人形・父親、あやつり人形・踊子

舞台の上にいたのは、役者ではなく人形だったのか?
じゃあお客も人形なのかな。
実はポエマーな上にこいつも寂しい奴なのか。

ん? 今戦ったのは、舞台の上の演出だったのか。

本物のプリムロゼは、舞台の上にいるポエマーの想定した人形より強かったって事?

ボス、首筋の男シメオン
沈黙状態にしてくるのが、結構厄介でした。
プリムロゼのサブジョブを薬師にしていたので、健全化でかなりしのぎました。
それでもプリムロゼ、踊り子の奥義を覚えてくるべきだった。
沈黙回復のアイテムもギリギリで、後半は精霊石でブレイクさせたりしてなんとか倒しました。

ポエマーの舞台、ハッピーエンドなのか。
全くよくわからなかったな。

プリムロゼはちょっと悲しい感じでエンドなのか。

見つかるといいな、心が埋まるものが。

2018092222433600.jpg


ウッドランド地方

ヴィクターホロウ
東ヴィクターホロウ森道
東ダスクバロウ森道

魔大公の祠
ダスクバロウに行く前に試しに行ってみようと思い行ってみました。
まず行ってあっという間に倒されて、悔しいので攻略対策とか調べました。
連れてたハンイットさんがJP足りなかったので、テリオンで剣士の奥義を取ってそれでガンガン攻めました。
オフィーリアちゃんで反射もしていたら、運よく弱点属性で反射にあうっていう敵の間抜けさに助けられました。

早速サイラス先生のジョブを魔術師にしましたが、これ威力はかなりあるけど消費が激しいな。

ダスクバロウ

2018092300312100.jpg


村に入ると、早速秘書ルシアの姿を見かけたので後を追いかけます。

古の遺跡

途中にある壁画にサイラス先生が着目しますが、読み解く事が出来ないので今は先に進みます。

次に気になった場所は書庫でした。
イヴォン学長達がくすねて集めた本でしょうか。

イヴォン学長だけの力ではなく、どうやらどこかの組織が受け継いで行ってきた事?

さらにずんずん進むと、ルチアがいました。
イヴォンを学長に据えて利用していたのも彼女ってことか。


突然呼び捨てになった!


もうその時点で私的にはこの人ノーセンキューなんだけどな。
明らかにサイラス先生を下に見ているし。

2018092300592100.jpg


鼻で笑ってやったぜ。


サイラス先生が淡々と、図星をまじえて話します。


やっぱりサイラス先生は、学者というか先生だよね


この女の人天才かもしれないけどアホだな


ところでこれって姿変わったら元に戻れるの?
敵ながら戻れなかったら、サイラス先生倒しても意味なくねと。

ボス、ルシア戦
なんていうか、そうゆうAIなのか運なのか、しつこくサイラス先生ばかり狙われて奥義でダメージ底上げしようと他のキャラで上げる度に攻撃されて戦闘不能って繰り返しでした。
途中から先生は半ば諦めてテリオンのエベルで削りました。
なんかストレス溜まったボスだった。

で、これから本を解読するらしいですよ。

そうか、サイラス先生編はここからが本番って事か。

エンカウントはするのか。

なんか鮮やかな割には恐ろしい事書かれた壁画だったな。

最後は地味だったけど、サイラス先生らしいっちゃらしい。

2018092301340000.jpg

さて、残っているのはあと三人です。
あと一回か二回くらいかな、オクトパストラベラー日記も
関連記事

カテゴリー:オクトパストラベラー

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

プロフィール

Author:Sister☆
RPGゲーム大好きなヘタレゲーマー。
最初のクリボーでやられます。
プレイ日記を書いたりするのが好きです。

現在進行形
イース8
ドラクエ11

相互リンク等は
はじめに、このブログについてより

ご連絡が必要な際は
こちらのメッセージフォームより

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。