Deep-frying Foot ~ゲーム三昧なブログ~

適当にRPGゲームなどのプレイ日記をひたすら綴ってるブログです

[イース8 -16-] 悲願の達成と次なる試練


画像の用意も全部できて、いざ更新! となったら、今回の記事ではなく、その次の記事でした。
仕方がないから今回の記事をまた編集作業しました。

実際のプレイは、なんとかエンディングまで見まして、1周目クリアとなりました。
クリア後要素的なものは、また余裕ができたりプレイしたくなったらやろうと思っておりますが、今の所色々積んでいたり詰まっているので、その辺を減らすのを優先していきたいです。

いよいよゲムショですが、私は家で配信やお知らせを見る事になりそうです。
気になるブースはありますが、人が多そうで行く元気は無いですし……。

いつもの事ですが、ネタバレ満載のプレイ日記です。
ゲームスクショも貼っているので、自分でプレイして感じたい派の方は注意して下さい。
画像に関しては、クリックで倍くらい表示になる筈です。

第五部続いています



どうやらオケアノスの住処っぽい始生代の大穴から一旦地上に戻ってきました。

丁度ドギとタナトスがやって来て、オケアノスについて北部で調べていた所、エタニア当時のオケアノスの討伐方法を調べる事ができたと。
エタニア人は、討伐隊を二手に分け、住処へ追い込む部隊と、住処で待ち伏せしてトドメを刺す部隊に分けてたようです。

住処へ追い込む部隊は漂流村の全員で担当すると。
獣の方は落ち着いているので、総力戦でいこうと。

一旦漂流村に戻って準備が出来たら作戦開始です。

始生代の大穴が見える位置に、漂流村の全員が集まっていざ決戦です。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170826164148


アドルが号令を掛けてくれと言われて、選択肢が出たのですが、なんとなく船長の~が選べなかったので上の方にしました。

カトリーンさん達の弓を構える姿がとてもカッコ良かったです

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170826164340


オケアノスが呼んだのか、背後から古代種が押し寄せてきました。

ドギ不穏なフラグが立ちそうな事言ってますが、
タナトスさんはチートっぽい雰囲気なので大丈夫でしょう。

そしてオケアノスは始生代の大穴の住処へと潜っていきます。
住処の方で待ち構えていたアドル達の前についにオケアノスが!

《永遠なる絶海の守護者》オケアノス
飛ばせる胞子のようなやつで、ダメージをある程度与えると、下に沈んで上に乗って攻撃できるようになります。
である程度ダメージを与えると浮上していくので、こっちも水流に乗って上に上がってまた胞子使って攻撃……といった繰り返しです。
難易度EASYにしているので、こっちのダメージもそんなに喰らわらなくいけたのですが、
水流で上に上がるのが面倒でした。
なんか操作しなくて上に行くまで流れに乗らなきゃいけないんですが、どうも苦手……。


そしてついにオケアノス撃破したですよ!


イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170826165545


しかしダーナが何かを思い出したのか、様子が変です。

その晩、オケアノスをついに倒したという事で、喜びの会が開かれたようです。

しかし船が完成するまでまだ半月くらいはかかるらしい。
まだ漂流者が残っていないか捜索もしなきゃならないしね。

タナトスさんは、漂流生活もあと少しだと思うと寂しい気持ちにもなるそうなのですが、リコッタちゃんに世界を見せてやりたいので、この島を出ると。

そうなんですよね、ダーナはどうなるんだろう……。

なにか思い出して気にしている感じもしますし……。

そこはあらためてアドルがダーナに聞いてみる事に。

え? ヒュンメルなんでハシビロコウセンパイと意思疎通出来てるの?

ダーナはやはり、どうして自分は今の時代にいるのか、エタニア王国はどうなったのか、知らないままは島を去れないと。

いい感じだったのに、酔っぱらったサハドが乱入してきました。
結局酔っぱらって寝てしまったサハドを休息所まで運んだりなんだしてて、
ダーナとはちゃんと話をする事が出来ませんでした。

ん? 過去のエタニア王国に場面移ったっぽいです。

運命の日

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170826172835

ダーナがお祈りしていると、緋色の予知ともいえる場面がダーナの脳裏に見えました。


何かがここに落ちてくる……と


星がここに落ちてくると……。


大穴は星が落ちて出来た痕跡ということなのかと……。

ダーナはオルガとサライに話をします。
そして、大樹の巫女ダーナ・イクルシア、正式な予言として報告させて頂きます。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170826173432

ダーナは王都アイギアスの巨大な水晶柱を使い、理力で王国上空に巨大な“障壁”を巡らせようと。

オルガはそんな事をすれば、水晶柱の力は一時的に機能しなくなり、隣国に攻められると。
サライは王国上空に障壁を展開するように手配しますと。

これで障壁展開したから、セイレン島だけ古代種が残っているんですかね?
でもそうなると、始生代の大穴があってセイレン島に古代種が残っているのはおかしいのかな?

え? 準備のクエスト的なもおがあるのではなくて、もうその時なの?

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170826174255

障壁が作動して、流星をなんとか食い止めましたが、


一つじゃなかったようです


まだ終わってないと。

集中的にエタニア王国に落ちているように見えますが、世界はどうなってるんだろう。


え? この障壁、パリンと割れる障壁なのか!


ヒビの入った障壁を見てダーナは障壁が少しでも長くもつように支援に行くと。

王宮から外に出ると、霧が出てました。

一緒に来たはずのオルガの姿が見えなくなりました。

霧の中を進んでいると、攻撃が当たらない敵がどんどん出て来ます。
避けつつさらに進むと、精霊がいました。
光の精霊アスティオスだそうです。
自分も終末の到来を望んではいないと、力を貸してくれます。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170826175543

ルミナススタイルを手に入れました。


スーパーモード的になった!


さらに霧の中を進んでいくと、竜種……と呼べるのかこれ? が現れました。


背中に樹が生えてるよ……


《霧の中の蒼き幻獣》レ・キュアノス
最初ルミナスモードだったので、これはルミナススタイルで戦うべき敵なのかなと思って必死にやってたわけですよ。
しかし、見ていた旦那さんから、これグラティカスタイルで押しきれないの? という感じの言葉を頂き、スタイルをグラティカに変えてガシガシ攻撃したら、一回メテオみたいなのくらいましたが、アイテムも使わずに勝てました!


難易度EASYだしな!


良かった……霧の中でセーブしてなかったんだよね……

しかし今の敵は、ダーナにも見覚えのない竜種だったと。

オルガの声が聞こえ、霧が晴れました。

しかしもう障壁は耐えられなく、王都傍に流星が落ちました。
ダーナが植えたヒモロギが王宮を支えている、現在の王宮のような状態になりましたが、もう一回落ちれば耐えられないと。
でも流星止まった?

ダーナの様子が変です。

また……また助けられないの? こんな大事な時に……

ダーナの腕で紋様が紅く浮かびました。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170826181123

そして謎の声が聞こえ、真っ黒な覆面? の謎の人影が立っていました。

王都の西にある禁忌の地 《王家の谷》と目指すがいい。

そこに巫女にも知らされていない 大樹の真実が眠っている。


裸足だったな


そしてアドル編に移ります。
アドルはこの過去のエタニア王国の様子が見えたようですが、サハドやヒュンメルにも水晶と共鳴した時と同じように見えていたようです。

そこへラクシャとリコッタが慌ててやって来て、


ダーナが姿を消したと。


イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170826181901

ひょっとしてダーナは記憶かエタニア王国についての手がかりがあるかもしれないと、
あのローブの人物が言っていた《王家の谷》に行ったのかもしれないと。

ダーナは何か悩んでいた様子でしたし、やはり放っておけないですね。

アドル達も王家の谷へ向かってみる事に。

寺院の山門を西へ回り込んで行くルートしかないだろうと。

関連記事

カテゴリー:イース8

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

プロフィール

Author:Sister☆
RPGゲーム大好きなヘタレゲーマー。
最初のクリボーでやられます。
プレイ日記を書いたりするのが好きです。

現在進行形
スパロボV
イース8

相互リンク等は
はじめに、このブログについてより

ご連絡が必要な際は
こちらのメッセージフォームより

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示