Deep-frying Foot ~ゲーム三昧なブログ~

適当にRPGゲームなどのプレイ日記をひたすら綴ってるブログです

[イース8 -11-] 失われし世界


ドラクエ11ちょっと雰囲気だけ感じてみたいと思い、少し始めたら面白くてどんどんやろうとしてしまい、結局イース8と両立が難しい状態になりつつあります。
なので、もう少ししたらドラクエ11の日記とイース8の日記が交互更新になるやもしれません。
しかし私、ゲームはパッケージ派なんですが、ドラクエ11とか最初にデータインストール発生したんで、ディスク起動にしか必要じゃないっぽいのに、入れ替えなきゃいけないのどうしても解せんのですが……。

仕事がフルタイムになったので、平日どうしても疲れてゲームの時間取れないので、アプリのプレイをいくつか諦めたりしました。
時間があまり無い現状、なるべくアプリではなくゲームしたいって思いがあります。

ゲームスクショ貼ったので、自分でプレイして感じたい派の方は注意して下さい。
今回画像若干大きくしました。クリックで倍くらい表示になる筈です。

いつもの事ですが、ネタバレ満載のプレイ日記です。

第四部続いています



パンガイア大平原

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170715144742

やっと平原らしき所へ出ました。
確かに開けていて見晴らしはいいけれど、とてつもなくでかい奴が見えている気がするのは気のせいだろうか……。

敵のマークが無いので、気楽に進んでいたら、古代種最大といわれる竜脚類の奴が出てきました。
ひょっとしてボス戦!? しかも3体!?

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170715145303

と思ったら、穏やかな草食類のようで、こちらから何かしなければ襲われなさそうです。

という事で、戦闘を吹っ掛ける事も出来ないっぽいので横目に見ながら先へ進みます。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170715152048

というかどれもこれも古代種で、ヒーヒー言いながらなんとか倒して進んでいたのですが、途中からきつくなって最後は逃げて次のエリアっぽい所まで走りました。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170715152745

休憩出来そうな所に出ました。
ここからだと遺跡群が良く見えます。

アドルの好きなボロい建物いっぱい! とリコッタに言われますが、

いや、アドルだってボロい建物ばかり好きなわけでは……

先に進めなくなってしまったので野営をする事に。

ラクシャはリコッタを攫った古代種がある程度の知能を持っていた事について、
《進化》の恩恵によるものなのか
ラクシャや古代種を研究している学者よりずっと、ここの古代種は進化をしてるって事ですかね。

リコッタちゃんは、家族に父上はいるけれど、本で見た家族とはもっと人が沢山だったと。
そうゆう家族に憧れていたリコッタちゃんは、今、みんなでいる状況が家族みたいだと……

そうしたら、ラクシャがお姉さんで、アドルとヒュンメルがお兄さんで、と。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170715153930


ヒュンメルお前まんざらでもないだろ……


父上はいるから、サハドは……


イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170715154028

うん、この場合おじいちゃんか親戚のおじさんだよね、そうだよね。

おじいちゃん選んだら、扱いがひどいと言われてしまいました。

ここで夢のダーナパートとなるのかと思いきや、そのまま朝になりました。
しかしなんだかアドルの様子が変です。

奇妙な共鳴音が鳴りやまない……と

水晶石が光っているので触れてみると、ダーナ編になりました。

ダーナは真っ赤な髪の剣士の夢を見たらしいです。
ひょっとして今度はダーナがアドルの夢を見たって事でしょうかね?

しかもアドルの夢の逆の様に、赤毛の剣士として行動していた夢だと。

最初はわからなかったその行動している場所から見えた景色が、荒廃した王都アイギアスだと分かったので、ダーナはその見えた場所へ行ってみようと思っているらしい。

オルガも、夢の話の内容が内容だけに放っておけまいと、行っていいと言ってくれます。

東街区を見渡していた場所だったので、東の郊外へ行ってみるようです。

まずは寺院から出ようとすると、丁度、教導師ウルグナータがやって来た所で、どこかへ出かける様子ですがいかがなさったのですか? と言われてしどろもどろになってしまいますが、オルガが来てちゃんと巫女様自身に動いてもらう案件がありましてと説明してくれるので、ほっとして外へ向かいます。

山道から外に出た所で、ドランとラステル親子と会います。
ラステルはまた背が伸びたらしい。
巫女様なら心配ないと思いますが、気を付けてくださいと。

ティティス参道

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170715161151

壊れた水路があったので、直しておきました。
アドル編の見覚えのある場所が一瞬見えたので、あの場所に何か変化があるって事でしょうかね。

トワル街道

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170715161903

どこからか、助けてという声が聞こえてきた気がするので、周囲を見回してみると、理力の淀み? らしきものがあって、息吹の精霊ジンヤを助ける事が出来ます。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170715162015

助けてあげたお礼に、加護を授けてくれるそうです。
HPがちょっと増えたのと、理力の欠片というものを貰いました。

ようやくアドル達が野営をしたと思わしき場所まで来ました。

ちらちらと見える、色はわからないけど荒廃した王都っぽい映像はやはり予知としてアドルの見たものが見えているのですかね。

水晶石は地中の理力が結晶化したものだそうな。

ダーナはこの場所に、ヒモロギの苗木を植えます。
アドル達が先へ進めなくて困っている事も夢で見ていたようなので、植えたようです。

この苗木が彼らを……
アドルさんを導いてくれますように。


イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170715221946



頭2つあって何故? って思ったらリィン教官だった(笑


イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170715222009

アドルは動かなくなったと思ったら急に倒れたらしい。

で、振り返ってみると、そこまで無かった所に急に古代樹がどーんと生えていました。


先程までは確かにこんな樹は無かったです。


となると、夢というか過去の中でダーナが植えたヒモロギの苗木が育ったという事でしょうかね。

エタニア王都遺跡

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170715224204

進んで行っても獣はでないみたいですね。なんだかとても静かです。


人影のようなものが見えました、追ってみます!


人影を追って行った民家で、獣数匹に襲われますが、そんなに強くないのですぐ蹴散らせます。
それにしても、この家も他の建物も天井がやけに高いと。
どうやらこの街に住んでいた人達がかなりの平均身長をしていたという事らしい。
という事は他の人に比べて小さかったダーナは、今のアドル達と比較するとそんなに小さくないって事か。

人影はなんだかアドル達を誘導しているようにも見えます。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170715225542

追って塔堂を通り過ぎますが、塔堂の中のあの水晶みたいなでっかいやつはただの石っぽく見えますね。

塔堂を抜けた先、アドルが見た夢で、ダーナが王太女のサライちゃんと再開したあの王宮がすっかり無いです。
王宮があるべき場所が、あの山頂でみたように抉れてたんですね。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170715231136


う、後ろ後ろ!


なっとらんのうー、お前たち。


だ、誰?


でもなんとなく予想ついたというか、なんというか。
リコッタっちゃんの父上である、タナトス・ベルダインさんでした。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170715231226


関連記事

カテゴリー:イース8

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

プロフィール

Author:Sister☆
RPGゲーム大好きなヘタレゲーマー。
最初のクリボーでやられます。
プレイ日記を書いたりするのが好きです。

現在進行形
スパロボV
イース8

相互リンク等は
はじめに、このブログについてより

ご連絡が必要な際は
こちらのメッセージフォームより

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示