Deep-frying Foot ~ゲーム三昧なブログ~

適当にRPGゲームなどのプレイ日記をひたすら綴ってるブログです

[イース8 -9-] ジャンダルムを越えて


戦闘の操作があまり上手くないので、とりあえず雑魚敵はアドルのフォースエッジで薙ぎ払って進んでいるのですが、片っ端からフォースエッジで薙ぎ払っている私のプレイを見た旦那さんに
その技、ずるくない?
と、一言呟かれました。
そ、そのくらい優位なくらいが下手ゲーマーには丁度良いんだよ!!
※ちなみに難易度はEASYのままです。

ドラクエ11までにイース8終わるかなって思ってるけど、やっぱり結構先は長そう……。

ゲームスクショ貼ったので、自分でプレイして感じたい派の方は注意して下さい。
今回画像若干大きくしました。クリックで倍くらい表示になる筈です。

いつもの事ですが、ネタバレ満載のプレイ日記です。

第三部続き~第三部完


アヴァロドラギルに攻撃して助けてくれたのは、リコッタという名前の少女でした。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170708183414

っていうか喋り方ちょっと変じゃないか?
なんかロンバルディア号に乗っていたっぽくないし、しばらくこの島で暮らしていてあんまり人と接してなくて言葉遣い変なのかな?

先程の小屋はリコッタが住んでいる小屋っぽいですね。
お茶を出してくれました。

大丈夫なのかなって思ったけど、予想に反していい香りの美味しいお茶でした。

茶葉から作った特製だそうです。

アドル達が、島の外から来たと事情を話すと、リコッタちゃんは“父上”と同じだな! と。
本当のお父さんではなくどうやら、言葉を教えてくれた人らしいです。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170708184025


でもどうやらそのお父さんは出かけたまま帰ってこないそうです。

一ヶ月くらい前に、山へ古代種の様子を見に出かけたんだそうです。

そのお父さんってのがメモにあった《T》なのですかね。

リコッタちゃんの持っている手投げ矢の金属は、どうやら古代種を仕留められるんだそうです。
ヒイロカネって事かな?
でもさっき投げちゃったっぽくて最後に残ったのは一本、作り方は父上しか分からないと……。

父上は、タナトス・ベルダインというらしい。

メモにはいつも“T”と書くクセがあるそうです。

漂流村に戻るか、金属を探しに行くか選択肢が出たので、ここは一度戻ってカトリーンさんに相談するのを提案しときます。

やはり幼い娘がいるサハドはリコッタちゃんを放っておけないようですね。
命の恩人ですし、リコッタちゃんも一緒に来てもらう事に。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170708185411


その言葉本当に本で勉強したのか……。


おそらく昭和の言語だぞ


リコッタちゃんの武器は棍のようですね。という事はサハドと同じく打撃系なのかな。

漂流村

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170708190200


早速カトリーンさんに相談。

カトリーンさんはハンマーで手投げ矢の金属を叩きます。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170708190647

グリークに伝わる話に、金剛石より堅く錆びることのない金属があると……。
やはり《ヒイロカネ》という金属なのだそうです。
確かにヒイロカネなら古代種にも対抗できる武器が作れるかもしれないそうですが、しかしヒイロカネを採掘出来る場所はわかるのかと。
それを言われると言葉に詰まりますよね。

アドルは、夢の中のダーナの事を思い出します。

一応不思議な夢の話をしてみますが、サハドは戸惑うし、ラクシャは疲れているんじゃないですよねと。
しかしカトリーンさんが古い地層なら採れるかもと言ってくれ、リコッタちゃんがチソウを知ってると。

違った! ご馳走の事だった……。


リコッタちゃんの記憶に期待した私がダメだったのか……


おぉ! 知ってた!


この場合、サハドの大雑把な説明のがリコッタちゃんにはわかりやすいんでしょうね。

ハシビロコウはリコッタちゃんに色々な事を教えてくれたセンパイらしいです。
どうやら、リコッタちゃんに害がないか確かめる為に、漂流村にいたようです。


ハシビロコウ先輩まさかの迎撃戦参加!?


イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170708191823


ヒイロカネのありそうな場所目指して探索を再開します。
大峡谷流域の沼地の先へ、ヒマワリみたいなのは相変わらず苦戦します。
リコッタちゃんのお父さんは“探検家”なんだそうです。

壊れた吊り橋を支援要請で修理して先へ

西麓高原

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170708194052

ロケーションポイントがあったするので、一応一通り探索をする事にします。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170708195624


イベントマークがあったので行ってみましたが、ん? 誰もいないし何もない?
と思ったら、身なりのいい青年 がやって来ました。


いや、お前感謝とかほとんど何もしてないでしょう。


グリア貴族のオースティンだそうです。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170708202142


芸術家……


なんかまたたいして役に立ちそうにないのにキャラ濃そうなのがきたな。

っていうか声岸尾さんだけどこいつ信用して大丈夫なのか?(ぼそ)
芸術ならなんでもだけど、音楽だけは苦手のようです。
オースティンには自分で漂流村に行ってもらうとして、こっちはこっちで探索を続けます。

古王の巌窟

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170708202644

洞窟名がいかにもっぽかったので、古代種が結構出てくるのかとビビりつつ進んだのですが、虫系の敵がぞろぞろ出ただけでした。
どうやらここは完全に化石だけのようです。良かった。
中もそんなに深くも複雑でもなく、結構あっさり一番下へ。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170708203358

ひときわ大きな古代種の化石と共に結構な量のヒイロカネがありました。

な、なんか昔ではなくこの島だったらその内生きて出てきそうですが……。

ヒイロカネの採掘も無事に出来て、そういえばアドルの夢は結局当たってたねって話に。
不思議な事を気にするラクシャと、結構現実的なサハド。
ともかくヒイロカネの原石を入手したので、漂流村に戻ります。

漂流村
カトリーヌさんによると、今の漂流村の設備で一からヒイロカネ製の武器を作るのは難しいと。
なのでまずはヒイロカネで今の武器を強化しようという事になります。

武器を強化するには三日ほどかかるらしいですが、なにやら事件のようですよ。

密林地帯で、獣が異常に繁殖していたそうです。普段からは考えられない程に増えていたと。
森の主を退治しちゃったから生態系に変化があったのかもしれないって。

ドギの提案は、迎撃戦あらぬ、制圧戦として村人皆で密林に攻め入ろうと考えているらしい。

制圧戦『制圧せよ、密林地帯』
魔物を蹴散らして、巣を壊しながらかがり火を立てていくようです。
で、全部巣を壊すとボスが出て来て、ボスを倒せば制圧完了だと。
最初なので難易度も難しくなかったです。
しかしランクはやはりAでした。Sはかなり難しいのかな……。
ドギ班の戦績の方はランクCでした。あまりバックアップ受けれてなかったしなと。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170708205854

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170708210117


帰って来て武器をヒイロカネで強化して貰ったら、今度は迎撃戦だそうです。


忙しいな……


しかも今回は獣たちの中に古代種がいるとの事です。

迎撃戦『獰猛なる古代種、再び!』
手持ちの素材で出来る限り武器を強化しておきました。
16個ぐらいテクタイト鉱があったので、それなりに強化できました。

それでも四方八方から敵が来るので、とても大変でした。
前に倒しきれなかった小型古代種がちゃんと倒せるようになっててすっきりしました。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170708211954

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170708212124


リトル・パロとハシビロコウ先輩がそれなりに活躍してるんですが、どうなってんだ……。


剥ぎ取れー!(だから違う)


イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170708212307


とにかく、強化された武器は古代種に通用する事がわかったので、その晩の漂流村ではお祝いとなったらしいです。

シスター・ニアを風見丘陵の頂上まで連れて行くクエストがあり、アドルだけでシスター・ニアを連れて行きました。
ある程度ゆっくり歩かないとシスター・ニアがついてこないので、あらかじめ敵を薙ぎ払ってから戻ってシスター・ニアとゆっくり進むの繰り返しでした。

クエスト中に、シスター・ニアがセクシーモードに。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170709122241


さて、ジャンダルムの方へ戻ります。

ジャンダルム-中層-
みっしぃいたんですけど!

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170709123954


リコッタちゃんたまに見かけてたのか……


出会った者に幸運を
もたらすという神出鬼没で内気な生き物――



イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170709124215

お腹がすいてるらしいので、魚をあげてみようとしたら、『魚は食べ飽きた、果物も』と言われてしまいます。


だったら何食べるの!?


これハシビロコウ先輩みたいに料理を渡すやつなんですかね。


ここまでいちいち来るのが面倒だな……。


とりあえず手持ち料理全てあげてみたら、風魔の壺という冒険具を貰いました。

ジャンダルム-上層-
上層になると、段差が多くなってどんどん登って行きます。
頂上まで来ました。
あの高い山の一番上まで登って来てしまったのか……。
これ今度は反対側に下る必要があるんですかね?
しかしその前に、水晶石があるからボス戦あるっぽいなーと。

案の定というべきか、山の下の方古代種の抜け道あたりで見た翼竜型の古代種のようです。

《古の天空覇者》ギアスバーン戦
相手が飛んでいる上に、足場が本当に狭いのでかなりの時間がかかりました。
ただ火の玉はいつもは上手くできないフラッシュムーブで結構回避する事が出来ました。

これで頂上へ向かえるので島の北部がどうなっているか確かめる事が出来ます。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170709131821


島の北側は、古代種が沢山いるっぽく、太古の世界そのものって雰囲気でした

ここで、第三部 ジャンダルムを越えて 完

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170709131941


関連記事

カテゴリー:イース8

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

プロフィール

Author:Sister☆
RPGゲーム大好きなヘタレゲーマー。
最初のクリボーでやられます。
プレイ日記を書いたりするのが好きです。

現在進行形
スパロボV
イース8

相互リンク等は
はじめに、このブログについてより

ご連絡が必要な際は
こちらのメッセージフォームより

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示