Deep-frying Foot ~ゲーム三昧なブログ~

適当にRPGゲームなどのプレイ日記をひたすら綴ってるブログです

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

[LA -3-] どろろ~んぱ!


なんだかんだいって、一ヶ月ぶりになってしまいました。
しかも、前回の日記のタグのミス打ちに今気付きました(爆)


[第6章 再開]
アルフはルーシャが気になってしかたないらしい…
レオンにまでだまされからかわれる始末。

リジェットの町は魔女に襲われてひどい事に…
ヴァネッサ?でしたっけ?
でも何故か誰かが回復をしてくれたお陰で、怪我人は出てないそうです。

そんな所へサキが
サキはヒースの命令で、アルフ達と合流てくれたそう

ニコラは西の大陸に渡ってしまったらし
他に手掛かりも無いので追い掛けます。

船で西の大陸へ向かう。
船旅をすっかり満喫していると…

「まことにのう」

出たー!

見た目と喋り方が噛み合わない、清廉の魔女メル登場。
この喋り方がなんとも…(汗)

どっちが子供なんだかわかりませんが、お灸を据えられるようです。

見た目に反してたのは喋り方だけじゃなかった…orz
結構強かった…
セシルが属性水でいい感じにダメージ少なので、セシルを壁にして1匹づつ倒しましたよ。


泣かせた!? ホント何者だこいつ

リム?対の存在? ルーシャのリムとか言われましたがなんのこっちゃ。


つか

去る時いつもその呪文なのか…(汗)


[第7章 噂の男]
西大陸の港町アドウエスト

聖都に渡る船を出せと騒いでる奴がいると思ったら、

探してたニコラでした(汗)


ピキーーーーーン!って(汗)
セシルサマって…(滝汗)
なんかまた大袈裟なキャラの奴が出てきたなぁ

ん?こいつ魔女にまでサマ付けてるけど、大丈夫なんだろうか…。
つか「あいかわらず魔女マニアってわけか。」とか言われてる辺り、日常茶飯時なのか?
付いていけてないのプレイヤーだけですか。そうですか。

殴りたいのを必死にこらえつつ、ニコラに聞くところによると、紅蓮の魔女は忘却の森にいるとにらんでるらしく、魔女の住みかと、マザーラピスとやらがあるらしいです。


そんな話をしてる所へ、紅蓮の魔女当人が!?


リムって何さ。
しかも主人公取り合い?
モテモテ(死語)です主人公。

ヴァネッサのはなった魔法から、テオがアルフをかばい…

ヴァネッサ…ひっかき回すだけひっかき回して…逃げるんかい。

テオの腕はどうしちゃったんでしょ。
皆に心配かけまいとするテオがいじらしいですよう


魔女はどこいったのかわかんないんで、とりあえずラピスティアを探します。


[第8章 異変]

ウィタス海岸を抜け、岩石の村ジェマーへ

村にモンスターが表れたので退治
残ってたモンスターから村人をかばったテオの腕が竜のように…
皆に嫌われたくないがために、テオは黙っていたとか。
いじらしい弟よぅー。

リアスタル橋梁を通って、工房の村ドットラバーへ向かいます。


[第9章 炎の石]

ラピスティアっぽいと思われる窯の神のヘルナスとやらは、ゴドルの工房にあるらしい。

石を見せてもらうと、やっぱりラピスティアっぽい

そこへヴァネッサが…

テオの腕の呪いを解くように言うと、
あんたも竜の血を引いてんだねぇ。

呪いのせいじゃなく、元々竜族だったって事でしょうか?

人間と一緒に居ちゃいけない。一緒においでとテオに言うヴァネッサ。

「貴様の暴虐もそこまでだ!!」

なんかまた新しい魔女が!

それとルーシャ。
新たな人は、覇緑の魔女マヴィと言うらしいです。

どうも、ヴァネッサはヴァネッサなりの理由があって、星の為にやっているらしい…

ルーシャにテオの腕の事を相談しようとするも、なんだか魔女さん達のやりとりが入り…
ヴァネッサは炎のラピスティアを持って逃げてしまい、マヴィもルーシャもそれを追って行ってしまい、
結局テオの腕の事もわからずじまい、ヘルナス様(炎のラピスティア)も持っていかれると散々な結末。

ほんとに散々な結末だな…

って、ルーシャ戻ってきたよー。
魔女の里に案内するからついてこいと…
なんて急な…


[第10章 風]

セシルにまで、
頭はいいんだけど、性格がちょっと…とか言われるニコラって…(苦笑)
しかもルーシャにはちょっとどころじゃない
サキには救いようがないとか言われる始末…

浮雲の魔女ウィウィ…
随分とテンポがスローな魔女ですねぇ。

鬼ごっこ!?

テオを治すためには、時風の結晶とやらが必要らしいのですが、
ウィウィと鬼ごっこをして捕まえる事ができたら、結晶をくれるそうな…
鬼ごっこが大好きな魔女って…(汗)

なんとか鬼ごっこには勝ちました。ハァ

ヴァネッサを止めるのを手伝ってくれとルーシャが頼みましたが、関係ないもんと断られてしまいました。
自分の思うままに生きるんだそうです。


羨ましい…。


[第11章 聖なる裁き]

いつぞやかの魔女、メルがまたしてもおかしな呪文と共に表れました。
今度は迎えに来てくれたらしいです。

で、いよいよ魔女の里へって所で、
「待て待てーい!」

暑苦しい人再び

アンドレと教団のユゴーとか言う人が、テオを引き取りにきました。
ヒース様はどうしたのよ!

竜化の呪いをヨハネス様が浄化してくださるらし。
しかしその為には、ルーシャ達魔女を断罪しろと…

グズグズ悩んでたら、気が短いアンドレ殿が、キレました

元から魔女の始末だけさせて反逆者として処分するつもりだったとか、テオの腕を使って魔女の力を研究するとか、

全部口に出して言っちゃってるし

なんて頭が悪いんだ…

こてんぱんにしてやったら、文字通り捨て台詞を吐いて去って行きましたよ。


[第12章 忘却の森]

いよいよ魔女の里へ
入り口の封印を解く呪文はちゃんと普通だ…

里はひっそりと静まりかえっている様子。
そしてセシルの様子もちょっとおかしい…

魔女のリーダー格らしきクレアに力を試されます。

やっと普通っぽい人出てきたー!

あれ?メルはこっちのパーティーなんですね。まぁいいか。

戦闘、この魔法陣って何の意味あるんだろ?
わかんないけど、とにかく勝ってしまいました。

クレアは魔女達を統べる人だけあって物腰も丁寧な大人のお姉さんです。

テオにかけられたのは、呪いではなく真の姿に戻す魔法だとか…
テオは竜族ってこと?
アルフも竜らしいです。

で、テオを戻すには、虹龍石ってのが必要らしい。で、ルーシャは責任を感じてその石を一人で取りに行ってしまったとか…

鬼ごっこまでした時風の結晶の存在は一体…?


クレアが勝手に凹んでるんですが、やっぱり魔女ってなんか変…
関連記事

カテゴリー:ルミナスアーク

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

トラックバックはこちらから ♥

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:Sister☆
RPGゲーム大好きなヘタレゲーマー。
最初のクリボーでやられます。
プレイ日記を書いたりするのが好きです。

現在進行形
イース8
ドラクエ11

相互リンク等は
はじめに、このブログについてより

ご連絡が必要な際は
こちらのメッセージフォームより

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。