Deep-frying Foot ~ゲーム三昧なブログ~

適当にRPGゲームなどのプレイ日記をひたすら綴ってるブログです

[SRWZ3天 -8-] 大変助かりますが、それでいいのか…


スパロボVの主題歌、『THE EXCEEDER』のMVを聞きました。
かっこ良い曲でご機嫌に聞いていたのですが、途中のフレーズで飲んでたカフェオレを吹きそうになりました。
いや、そのダサかっこよさが素敵なんでしょう、うん、そう!

とにかく主題歌も含めてとても楽しみにしておりますスパロボV
その前にこの天獄篇せめて一周はしないとなのですが。

バレンタインなのにチョコ作ってる時間も惜しいくらい天獄篇進めないとと…。

いつもの事ですが、ネタバレ満載のプレイ日記です。

天獄篇第30話~第33話



[第30話 闇の中の真実]

皇帝ズールと宇宙魔王生きてる事分かったとかつらい…。

ヒビキの中の絶望は、今まで抱いた希望と同量のとてつもない大きさだと。
でもヒビキが話さない以上、今は詮索できないって。

空気の読めないボンクラ言われた。
でもムッツリよりマシなんだ…。


どんだけムッツリ5に含まれるの嫌なんだ…


落としたターミナルベースの中を調査すると、
プロトデビルンのスピリチアファームに似たシステムが。

そして沢山の血塗られた眼になった人々の中には、あの病院にいたシンヤとミサコも居ました。
そしてあの看護師のマキさんもいました。
マキさんの眼は大丈夫のようですね。
戦地の看護兵に志願したとか勇ましいな。

ティティもそこまで派手に修羅場を吹っ掛けないんですね。

でもなんか…、ちょっとやな予感するの考えすぎかなぁ

なんか敵もちょっと手強そうになってきた。
数が多くなかったので、じっくり一部隊ずつ撃破していきました。
最後に尸刻を倒すと、今度は尸空が出てきました。


え!? 尸刻って妹なの!?


兄妹揃って目に何かあるのかなーとか思ってしまう。

今度はバルビエルがスズネ先生をつれてきました。
スズネ先生はジェミニアに乗ってます。
で、本来ジェニオンは自分が乗るはずだった機体だから、
いがみあう双子のスフィアを返してもらうと。

そしてスズネ先生は自分をアムブリエルだと。

アドヴェントが来ましたが、クロウが来るんじゃねぇと
うさんくさわやか氏はお呼びじゃないんだと。

クロウにも攻撃が追加されて、尸空とバルビエルは撤退し、
残ったのは黒スズネ先生ことアムブリエル。

囲んで、脱力と分析使って。
あとはインサラウムの秘宝で愛の効果が掛かったマジンガーに、ダイターンの組合せで援護を使う事無く倒せてしまいました。
なので少し考えて、ジェニオン・ガイの援護を付けたらマキシマムブレイク無しでも倒せたので、チップボーナスも倍で頂きました。

しかしバルビエルにセツコが連れて行かれてしまったです。
セントラル・ベースまで来いと…。

一同はAGに詰め寄ります。
連絡も無いDEMのエージェントロボを続けるか、
Z=BLUEの一員として戦うか、今すぐ選べと。



割と早い答えでZ-BLUE選びましたね。


スズネ先生は、いわゆる解離性同一障害、二重人格だったようです。
だからいがみ合う双子のスフィアの適性があると判断されたみたい。

今でも相反する力をスズネ先生が持っているって事は、
もう一つのスズネ先生の人格が消えたわけではない。
だからまだ助けられる可能性があるって事ですね。

トライア博士だ。


借金の取り立てかな。


[第31話 憎しみと悲しみと]
トライア博士を呼んでいたのはAGだったようです。

やはり基地にあった機械は、人間から生命の力を吸収する為のシステムのようです。
地球の次元力をレイラインで集めて、それを生命の力で制御すると。

生命の力を奪われただけなら、スピリチアのようにバサラの歌で復活できるけど、心の中を恐怖で支配されてしまっている状況までは改善できないと。

トライア博士はヒビキのお母さんであるメグミ博士の事も知っているようです。

エスターもやはりどうにかなってしまっているのか。

いよいよセントラルベースへの攻撃です。

どうやら毎ターンランダムに気力が減っていくようです。


心のダメージは、それぞれの気力で乗り切れ!


ブライトさんそんな無茶苦茶な…。


ダメージより気力のがなんとかなりやすかったかもです。

バルビエル…、愛と憎しみは紙一重って事なんですね。

外で騒いだおかげか、セッちゃんが自力で脱出してきました。
自力じゃ無かった、アサキムがやったようです。


セツコの取り合いになってる!?


うさんくさわやか氏まで来たけど、

ここにきてようやくレドがうさんくさわやか氏のうさんくささを看破!
ノノちゃんやガロードなど最近仲間になった組がそれに同意します。


ほれみろ!


ちょっとうさんくさいと思っただけでこんなに攻撃してくる奴信じちゃいけないよ!

ポイント条件はアサキムとアドヴェントの同ターン同ユニット撃墜ですが、どっちも撤退しないので、マルチアクションを使うと簡単でした。


だからこいつ信用ならないって言ったじゃんかよー!


アドヴェントは最後の1人としての義務があるとなんとか言って、行ってしまいました。

なんかもうZ-BLUEの面々もわけがわからない状態ですね。

ヒビキはショックが大きすぎるけど、

えええAG何をする気なの!?

[第32話 太極]

ヒビキは目を覚まさないままです。
色々呼びかけてみますが、反応はないです。


ちょっとこのティティという娘っ子つまみ出せ…。


宗介は信じてるから、ヒビキの見舞いはせず、職務をこなすんですね。

AGがクロウを呼び止めてた?
借金絡みではないとは思いますが、前話の件気になりますね。

ポイント、1ターン以内に全滅させるとか…。

ポイントは取れたのですが、どんどん敵がやってくる…。

クロウが意識の無いヒビキを無理に連れて出撃してきました。
AGに頼まれたんだとか。

タケルが時獄戦役のグーラの時の様に、精神にダイブして叩き起こしてみると。
いつものGN粒子とサイコフレームを共鳴させるやつですね。

ヒビキの過去の闇、思ったより捻り無かったな…。
(→色々な複雑な過去に慣れ過ぎているプレイヤー)

希望と絶望を越えたのをさらに越えて、ジェニオンがパワーアップ
AGの想定をも越えたので名前もヒビキが勝手に変えました。
ジェミニオン・レイだそうです。

とりあえずヒビキを危ない目にあわせたAGはスメラギさんの平手をお見舞いしておきました。

しかしクロウもAGの事はなんとなく信用できると。

いきなりジェミニオン・レイで出撃出来るわけじゃないのか!


二段階か…、面倒だな…。


蒼の地球ではなく、翠の地球の月へ向かう事に。
ディアナ女王から救援要請があったようです。

[第33話 黒歴史の闇]

サイデリアルの狙いは、月のD.O.M.E.のようです。
まずディアナの所へ来たってのは余裕見せなのだろうか。
壊すんじゃなく手に入れたいからっていう皇帝の指示らしい。

最後のクロノの末裔? ディアナ様が?

D.O.M.E.前に展開していたのはエルーナルーナ親衛隊のダバラーンさん。
3ターンでエルーナルーナ様の所へお帰り頂きました。
ん? これで終わり? そんなわけないよね。

ディアナ様は黒歴史に関して確かめたい事があると、自らやって来ました。
黒歴史が未来の出来事(ロランやガロードにとっては過去ですが)を指していると聞いて、思わずレドさんは心当たりがあるようですが、そういえばまだレドは皆に話してなかった。

D.O.M.E.はレド達の事も知っていました。
これでガルガンティア関連と繋がるのか…。

ヒディアーズの正体を知っても大して動揺しないZ-BLUEの面々


もう何か慣れのようなものなのか…。


D.O.M.E.はヴェーダともお友達らしい。
だから眠っていた間の状況も把握していると。

黒歴史のさらに闇…。

一番大事な所の話に触れようって所で!

ミカゲ…、てっきりサイデリアルが仕掛けてくると思ってた。
エルーナルーナ様は今回は本当に帰ったのかな。


どこにいても1分でマイクロウェーブが来る!


ええええええ!?!?


大変助かりますが、それでいいのか…。


仕切り直しなのに、行動済は反映されているのか。
ミカゲも大したことないと思ってたらMAP兵器撃たれそうになりました。

翠の地球へ宇宙怪獣が迫っているそうなので大慌てでそちらへ向かいます。

え!? 月のマウンテンサイクルからα・アジール発掘されてきた!


関連記事

カテゴリー:第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

プロフィール

Author:Sister☆
RPGゲーム大好きなヘタレゲーマー。
最初のクリボーでやられます。
プレイ日記を書いたりするのが好きです。

現在進行形
イース8
ドラクエ11

相互リンク等は
はじめに、このブログについてより

ご連絡が必要な際は
こちらのメッセージフォームより

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示