Deep-frying Foot ~ゲーム三昧なブログ~

適当にRPGゲームなどのプレイ日記をひたすら綴ってるブログです

ルミナスアーク

CATEGORY

  • このページのトップへ

[LA -6-] クリアしました!


結構時間がかかってしまいましたが、なんとかクリアする事が出来ました。
つか、メモは結構前に取ってあったんですが、更新がこんなに遅くなってしまった…orz
次はCRISIS CORE FF7 を買ったんでそれのプレイ日記をやりたいけど…どうなる事やら…。

[第21章 聖触]
ルミナス教の本部、聖都セントライズにとうとう来ました。
アザラシが休ませろとか言ってますがそんなのほっとこうじゃないか。
つか、

お尋ね者なのに買い物とか出来ちゃっていいのか。


暢気にしていたら、既にヴァネッサが暴れてましたよ。
一刻の猶予もないし、気持ちは一緒っつー事で協力して戦う事に。
やっと仲間になったのかな、ヴァネッサ。

兵士を蹴散らしてキングストンと法王ヨハネスの元に向かいますが、今度はキングストンが錬聖兵器を仕向けて来ました。

蹴散らして進むと、ヨハネスとプリエルは儀式の真っ最中、ヨハネスは繭になっちゃってました。
どうやら繭が羽化したら、神が復活してしまうらしいです。

ってかここ三連戦ですか…
面倒臭いなぁ…

プリエルを蹴散らすも、神の繭は完成してしまいます。
プリエルは神の繭を持って例の場所とやらに行ってしまいました。

[第22章 円卓機関]

円卓機関本部では、ユゴーがキングストンを待っていました。
どうやら神の力を制御する装置を開発していたようです。
しかし、プリエルに見つかりあっさり壊されてしまいました。
えぇ、そりゃもうあっさり。

そんな所へアルフ達到着。

自棄っぱちになったキングストンは、水のラピスティアとユゴーを融合させてパワーアップさせてきました。
しかしキングストンまでユゴーに殴られてるし…

ユゴーは倒したものの、キングストンには逃げられてしまいましたよ。
円卓印って…


魔女が七人揃ったという事で、新しいシンフォニズムを覚えました。
つか、ひょっとして七人居ないと使えないのか…、

それって使いづらいんじゃ…。


[第23章 神のマユ]

神の繭を追って古戦場カースグリッドに来ました。
昔々魔女と竜が神と戦った場所らしく、今でも強大な魔力がふき溜まっているらしいです。

で、今度はキングストンが水のラピスティアと融合してしまいました。
しかも今度はそれだけじゃなく、プリエルプリティーパワーが加わってます。
なんだそれ。

でもアルフ達にさっくり倒されちゃうんだけどね。

それでも、キングストンが良い時間稼ぎになってしまい、とうとう神が羽化してしまいます。
ヨハネスを器にしている割には、神の色も外見も全くちがうんですねぇ…

神は星自身がなんらかの抵抗をしているようで、力を出し切れて無い様子。
「オオオ…」しか言ってないのにどうして天使プリエルは言ってる意味がわかるのかは謎。

とにかく、ゼハル神と天使プリエルは星の心臓を食らうべく行ってしまいました。

[第24章 星のウロ]

神を倒すには、『一閃の矛』またの名をオーバーフラッシュなる究極魔法が必要らしい。
たしかになんだか凄そうな魔法だな。
暁光の魔女であるルーシャにしか使えない魔法らしいです。
魔女全員の力を集めて、増幅させ一気に放つ術だとか


ようするに、元気玉って事か!


神のいる星の中心へ向かうアルフ達の前に立ちふさがったプリエルも、結局神様に吸収されてしまいました。
手当たり次第だな…

さて、いよいよ次は神との対決です!!


[第25章 光]
聖地カナルへやって来ました。いよいよ神との対決です!

確かに、法王に枢機卿に大司祭まで死んでしまっちゃあ大変ですよねぇ…
おまけに神様はこれから倒すし~

おぉっ!? 神様喋ってる~!

喋れたんだ(爆)


なんとか倒したら、終焉に向け飛び立つ時が来たとかいってるー!
ラスボスのお約束どおり、真なる姿になって再戦っぽいです。
終焉の翼とか言って、もはや神でもなんでもないですよ。

で、いよいよラスボス戦なんですが、さっきの人型の時のがお付きの天使とかがウザくて大変だった気がするよ~。
一気に囲んでボコったらあっさり倒せました。

まだとか言ってるからまだ戦うのかと思ったら、イベントでほっとした。

今こそ例の元気玉を使う時っ!

しかし一閃の矛を使えばルーシャ自身の身をも滅ぼしてしまうかもしれないっつー事で、ヴァネッサまでもがルーシャの心配をしてますよ。
なんだかんだ言って、結局いい奴なんだねヴァネッサ。

しかしいざギリギリになって問題が…

ルーシャが一閃の矛を使うと、神と共に星の心臓をも破壊してしまうらしいです。
アルフのリムの力は、ルーシャか星の心臓かどちらかしか守れない…
お約束な大問題ですね。

「星を守ったって、ルーシャがいなけりゃ意味がないっ!」
これまたお約束なクサイ台詞だなぁ

まあ、結局はどっちも守られるんだけどさ~。

そしていきなり一年後。

それぞれ教団の立て直しやらなにやらで忙しい日々をおくっているらしいです。
レオンはセシルといい感じになりかけた所をニコラに邪魔され
ヴァネッサはテオ狙いですか(笑)


つか、なんで最後のルーシャだけアニメーションなんだー!!

カテゴリー:ルミナスアーク

[LA -5-] 天使降臨


なんだかもう全然更新出来てない…orz
でも一応クリアはしたので最後までサクサクと感想行ってみたいと思います。

[第17章 鼓動]
一人になっていたルーシャは、後を追跡していた錬聖魔女イリスに狙われてしまいます。

一方、ルーシャを探していた一行は、クレアと合流。
ルーシャはゼハル様の神像とやらの近くにいるらしいです。雷のラピスティアが近くにあると聞き、慌てる一行。

しかし結構あっさりルーシャと合流し、
これまた随分あっさりと謝ったな…
そしてラブラブモードに突入。

なんかクラスチェンジしたー!
アルフが、リムブレイバーになりました。
またもやそのまんまだな…

服装以外の変化点はどこなんだろう…


アルフとテオが持っていた石は2つが1つになり、どうやら光のラピスティアだったみたい。
ってか別に誰が持っててもいいから話を進めろよ…


次は忘却の森のマザーラピスが心配だとかいう話になりました。
はて、なんだっけ、マザーラピスって…
まぁいいや、えーと戻るのね、魔女の里に
めんどくさいな。

[第18章 天使降臨]
ユゴーとプリエルとかいうギャル系の女が忘却の森の入り口に、
誰だろこのギャル…
結界破壊砲なんて大層な物でも壊せなかった魔女の里の決壊をあっさり壊しましたよ。

天使らしいよ。

天使って…

結界が破壊された事を察知したクレア達の所へヴァネッサもやってきました。
そろそろ仲間になってくれないのかなぁ。

ともかく、マザーラピスの元へ急ぎます。

なんかユゴーと天使プリエルが揉めています。
あ、壊された。
マザーラピス、あっさり壊されました。

と、マザーラピスが壊れたのをきっかけに、急にセシルの様子が変になり…
セシルが星影の魔女として目覚めました!


ってかあんた誰!?


戦闘の呪文なんかもパワーアップしてるけど、範囲とか大きくなりすぎてて微妙に使いづらい…
ちょっぴり素早くなってるのが救いかなぁ

戦闘に負け逃げてゆくユゴーとプリエルはヴァネッサが追ってってしまいました。
なんだ…、仲間にならないのか、ヴァネッサ…

セシルは自分で力と記憶を封印したんだそうです。
神達との戦いに備えて、アルフ達と出会えるように…

マザーラピスにセシルが託したらしい闇のラピスティアも見つかり、結局いいんだか悪いんだかよくわからないです。

クレア曰く、一刻も早く魂の祭壇に行かなければとの事ですが、

どこそこ!?

[第19章 魂の祭壇]
魂の祭壇は、大昔教団が神に生け贄を捧げていたとかいう物騒な場所らしいです。
マザーラピスが壊されてしまったせいで、その祭壇の封印が解けてしまった。
セシルが闇のラピスティアの力をつかって、祭壇を再封印するそうです。

そんな所へ、錬聖魔女イリスが再び!?
しつこいー!
アルフにまで、くたばったんじゃないのか、ツッコミを受けてます。
ヒースを殺したって何のこっちゃ?

帳簿の話って…(汗)

えーと、嘘臭いキングストンの作り話をイリスは信じちゃっているらしいです。
イリス強っ!

なんとかイリスを倒すものの、ヒース率いる大軍が押し寄せてきました。
500人の兵ですってよ!?

そこへ天使とキングストンまであらわれましたよ。
なんか訳わかんなくなってきたな…
どうやら、500人の兵はキングストンが神への生け贄に利用するつもりだったようです。
魔女討伐なんて嘘っぱちで、アルフ達がいたのは偶然っぽいです。

アルフ達はセシルがとっさに護り、ヒースにはイリスが…
しかし最後の力をふりしぼったイリスは…

イリスもヒースが見つけてきた孤児だったらしいです。


孤児ばっかりだな…


カイとヒースは知り合いだったそうです。
ヒースがカイにアルフ達を守ってくれるよう頼んだとか。
キングストンの不穏な動きに気付いていたとか言ってますけど
そんな都合のいい事が!
とてもじゃないが、芝居には見えなかったですよ…

ヒースが入った事で、用済みとカイが行ってしまいかけますが、メルの泣き落とし?で残ってくれました。

[第20章 獅子の証]
セントウィット海岸まで来た一行。
ここに聖都セントライズにつながるゲートがあるそうです。

誰かがすでに戦っているようで、様子をみてみるとなんとレオンがアンドレに戦いを挑んでました。

神の手を煩わせる必要はないと、アンドレが一行の前にも立ちふさがります。
敵には直接攻撃タイプが多かったので、そんなにてこずらずに去って頂きました。

一行と再開したレオンは、突然魔女になってたセシルにびっくり
そりゃびっくりもしますよ
でも魔女になろうとセシルはセシルだっつーお約束な事で…
そしてすっかりラブラブですよ。なんだか。

アンドレの持ってたレオンのお父さんの剣は、アンドレには抜けなかったのに、レオンが手にした途端あっさり抜けました。
これまたお約束だねぇ…

カテゴリー:ルミナスアーク

[LA -4-] 竜と魔女


またもや久々の更新となってしまいました。
先週くらいに拍手のコメントを下さったかた。ありがとうございます!
こんな自己満足サイトを見てくれている人がいるなんて、とても感激です!!
頂いたコメントを励みにしつつ、マイペースで感想を綴りたいと思います。

[第13章 竜と魔女]
ルーシャを追ってイエラ火山へ来ました。
魔女は飛ぶじゅうたんに乗ってたり、瞬間移動の魔法を使ったりと、山登りの苦労とは無縁の存在らしいです。
ウィウィは束縛されるのは嫌とか言ってた筈なのに、ルーシャが心配だからとちゃっかり同行してるしね。

虹龍石は特別な魔力を秘めているらしく、モンスターも食うらしいです。

で、お約束とばかりにモンスターに囲まれてるルーシャを発見!

おぉ!アルフが主人公っぽい!(一応主人公だって…)

モンスターも蹴散らして、なんとか虹龍石も手に入りました。
しかしこのままでは効き目が無いらしい。
賢者とやらに頼んで、精錬してもらわねばならないらしいです。

と、いう事で一旦魔女の里に戻ります~。

魔女の里の賢者の座へ、

………


なんだこいつ


どうやらこのぬぼーっとしてるのが賢者様のようです。
しかも大賢者。

はは~ってノリツッコミだし。

助手もアザラシだ…
でも大丈夫らしいです。

まぁこれで一安心ですね。良かった良かった。


リムっていうのはいい関係になるって事らしいです~。
むふ~、そうなのか~。

魔女の役目は神から星を救うことらしいです。。
神は星を食い尽くしてしまう存在だとか…
うーん、神っていうより悪な感じですね神って。

テオがリムガーディアンになりました。
ってそのままやん!?

ヴァネッサが木のラピスティアを奪いに来ました。
しかし魔女他がいっぱいで多勢に無勢だと感じたのかすぐ行ってしまいました。
ジェイダスにある研究施設を破壊するつもりとか。
放っておけないのでヴァネッサを追い掛けます。

ポロンとか言う助手アザラシが仲間になりました。
つか、

助手アザラシ使えねー!

攻撃当たらないし、魔法弱いし…


[第14章 禁忌]

研究施設にやってきましたが、既に瓦礫の山になってました。
しかしやったのはヴァネッサじゃない様子…

キングストン!?
研究施設を吹っ飛ばしたのは、どうやらキングストン達らしいです。
錬聖魔女イリスとかいう人造魔女を完成させて…。

魔女を否定しておきながら、人造魔女とか作ってるって…
なんだかもの凄い矛盾。

でもこの錬聖魔女、
「ここにいる連中を一人残らず抹殺しなさい!」というキングストンの命令に対し、
「お前も殺していいのカ?」
作られたてで、まだあんまり頭が良くないみたいです。
しかし心臓部に雷のラピスティアを使用していて、パワーは研究施設を吹っ飛ばしてしまうくらいのすさまじさです。

んでも、イリス戦は初期位置のおかげか、ヴァネッサ戦程てこずる事も無く勝てました。ホッ

負けたキングストンはイリスにハイパーモードを起動するように指示。
ハイパーモード?

何そのGガ●ダムみたいな機能…(汗)

なんか危なげな感じなので、とっさにヴァネッサとメルが瞬間移動の魔法で逃がしてくれました。
ヴァネッサまだ仲間にならないのか~。その内仲間になりそうなんだけどなぁ…

さて、一行はミッドラスタとかいう街に瞬間移動してきたらしいです。


[第15章 決別]

ミッドラスタはあの爆発のせいで大騒ぎでした。

オムヤキソバってなんだろう…
玉子で包んである焼そばかなぁ
アルフがなんだかリーダーっぽいです。

街にはクロウナイツがやってきました。
今度はヒース様も一緒のようです♪
ヒースの声で、街の人達も落ち着きを取り戻しましたよ。さすがっ☆

あれ?ヒース様が隊長なんだー。
あの暑苦しい人は??

ってかヒースにまで裏切り者よばわりされましたよ。必死に説明してもわかってもらえなく、断罪されそうになってしまったので、アルフ対ヒース戦に
「俺が勝ったら、もう一度俺の話をきいてください!」

ヒース様強いー!!(>_<)
何度かやってさっぱり勝てそうもないので、ネットでコツを調べました(←ヘタレゲーマー)
動かず攻撃すると、2回連続で行動できるのを利用して、その場でポイントショットを使う。
あとは死ぬ前にレベルが上がるのを祈る。
そんな感じで勝てました!!

倒したけど、あんまり話をきいてくれませんでした。
そんな所へキングストン登場。
またイリスに攻撃されそうになりましたが、ヒースに声を掛けられて、イリスの動きが止まりました。
ヒースはイリスと顔見知りみたいです。
ヒースはイリスの事?で戸惑っているようですが、クロウナイツにぎっちり囲まれて絶体絶命。
と思ったら、誰かが突っ込んできてくれて助かりました。
「……義によって助太刀いたす。」
誰のなんの義だかわかりませんが、とにかく助かりました。
助けてくれたサムライはカイさんといって、ユーラス騎士団の人だそうです。


[第16章 迷い]

ルーシャったら、アルフを慰めるどころか、アルフの心を引っ掻き回してる感があるんだけどどうなんだろう…。

いないと思ったら、追ってとしてやってきました暑苦しいアンドレ殿。
しかもどうやら、前騎士団長である、レオンのお父さんの仇っぽいです。

ここで、アンドレを追うレオンとは別行動です。
うぅー、すぐに帰ってきてねレオン~!

ヒース様には反逆者よばわりされるし、レオンは行っちゃうしで、ぐずぐず悩んでたら、マヴィからグズ呼ばわりされました。
でもまぁ仲間のおかげでなんとか立ち直ったみたい。

カテゴリー:ルミナスアーク

[LA -3-] どろろ~んぱ!


なんだかんだいって、一ヶ月ぶりになってしまいました。
しかも、前回の日記のタグのミス打ちに今気付きました(爆)


[第6章 再開]
アルフはルーシャが気になってしかたないらしい…
レオンにまでだまされからかわれる始末。

リジェットの町は魔女に襲われてひどい事に…
ヴァネッサ?でしたっけ?
でも何故か誰かが回復をしてくれたお陰で、怪我人は出てないそうです。

そんな所へサキが
サキはヒースの命令で、アルフ達と合流てくれたそう

ニコラは西の大陸に渡ってしまったらし
他に手掛かりも無いので追い掛けます。

船で西の大陸へ向かう。
船旅をすっかり満喫していると…

「まことにのう」

出たー!

見た目と喋り方が噛み合わない、清廉の魔女メル登場。
この喋り方がなんとも…(汗)

どっちが子供なんだかわかりませんが、お灸を据えられるようです。

見た目に反してたのは喋り方だけじゃなかった…orz
結構強かった…
セシルが属性水でいい感じにダメージ少なので、セシルを壁にして1匹づつ倒しましたよ。


泣かせた!? ホント何者だこいつ

リム?対の存在? ルーシャのリムとか言われましたがなんのこっちゃ。


つか

去る時いつもその呪文なのか…(汗)


[第7章 噂の男]
西大陸の港町アドウエスト

聖都に渡る船を出せと騒いでる奴がいると思ったら、

探してたニコラでした(汗)


ピキーーーーーン!って(汗)
セシルサマって…(滝汗)
なんかまた大袈裟なキャラの奴が出てきたなぁ

ん?こいつ魔女にまでサマ付けてるけど、大丈夫なんだろうか…。
つか「あいかわらず魔女マニアってわけか。」とか言われてる辺り、日常茶飯時なのか?
付いていけてないのプレイヤーだけですか。そうですか。

殴りたいのを必死にこらえつつ、ニコラに聞くところによると、紅蓮の魔女は忘却の森にいるとにらんでるらしく、魔女の住みかと、マザーラピスとやらがあるらしいです。


そんな話をしてる所へ、紅蓮の魔女当人が!?


リムって何さ。
しかも主人公取り合い?
モテモテ(死語)です主人公。

ヴァネッサのはなった魔法から、テオがアルフをかばい…

ヴァネッサ…ひっかき回すだけひっかき回して…逃げるんかい。

テオの腕はどうしちゃったんでしょ。
皆に心配かけまいとするテオがいじらしいですよう


魔女はどこいったのかわかんないんで、とりあえずラピスティアを探します。


[第8章 異変]

ウィタス海岸を抜け、岩石の村ジェマーへ

村にモンスターが表れたので退治
残ってたモンスターから村人をかばったテオの腕が竜のように…
皆に嫌われたくないがために、テオは黙っていたとか。
いじらしい弟よぅー。

リアスタル橋梁を通って、工房の村ドットラバーへ向かいます。


[第9章 炎の石]

ラピスティアっぽいと思われる窯の神のヘルナスとやらは、ゴドルの工房にあるらしい。

石を見せてもらうと、やっぱりラピスティアっぽい

そこへヴァネッサが…

テオの腕の呪いを解くように言うと、
あんたも竜の血を引いてんだねぇ。

呪いのせいじゃなく、元々竜族だったって事でしょうか?

人間と一緒に居ちゃいけない。一緒においでとテオに言うヴァネッサ。

「貴様の暴虐もそこまでだ!!」

なんかまた新しい魔女が!

それとルーシャ。
新たな人は、覇緑の魔女マヴィと言うらしいです。

どうも、ヴァネッサはヴァネッサなりの理由があって、星の為にやっているらしい…

ルーシャにテオの腕の事を相談しようとするも、なんだか魔女さん達のやりとりが入り…
ヴァネッサは炎のラピスティアを持って逃げてしまい、マヴィもルーシャもそれを追って行ってしまい、
結局テオの腕の事もわからずじまい、ヘルナス様(炎のラピスティア)も持っていかれると散々な結末。

ほんとに散々な結末だな…

って、ルーシャ戻ってきたよー。
魔女の里に案内するからついてこいと…
なんて急な…


[第10章 風]

セシルにまで、
頭はいいんだけど、性格がちょっと…とか言われるニコラって…(苦笑)
しかもルーシャにはちょっとどころじゃない
サキには救いようがないとか言われる始末…

浮雲の魔女ウィウィ…
随分とテンポがスローな魔女ですねぇ。

鬼ごっこ!?

テオを治すためには、時風の結晶とやらが必要らしいのですが、
ウィウィと鬼ごっこをして捕まえる事ができたら、結晶をくれるそうな…
鬼ごっこが大好きな魔女って…(汗)

なんとか鬼ごっこには勝ちました。ハァ

ヴァネッサを止めるのを手伝ってくれとルーシャが頼みましたが、関係ないもんと断られてしまいました。
自分の思うままに生きるんだそうです。


羨ましい…。


[第11章 聖なる裁き]

いつぞやかの魔女、メルがまたしてもおかしな呪文と共に表れました。
今度は迎えに来てくれたらしいです。

で、いよいよ魔女の里へって所で、
「待て待てーい!」

暑苦しい人再び

アンドレと教団のユゴーとか言う人が、テオを引き取りにきました。
ヒース様はどうしたのよ!

竜化の呪いをヨハネス様が浄化してくださるらし。
しかしその為には、ルーシャ達魔女を断罪しろと…

グズグズ悩んでたら、気が短いアンドレ殿が、キレました

元から魔女の始末だけさせて反逆者として処分するつもりだったとか、テオの腕を使って魔女の力を研究するとか、

全部口に出して言っちゃってるし

なんて頭が悪いんだ…

こてんぱんにしてやったら、文字通り捨て台詞を吐いて去って行きましたよ。


[第12章 忘却の森]

いよいよ魔女の里へ
入り口の封印を解く呪文はちゃんと普通だ…

里はひっそりと静まりかえっている様子。
そしてセシルの様子もちょっとおかしい…

魔女のリーダー格らしきクレアに力を試されます。

やっと普通っぽい人出てきたー!

あれ?メルはこっちのパーティーなんですね。まぁいいか。

戦闘、この魔法陣って何の意味あるんだろ?
わかんないけど、とにかく勝ってしまいました。

クレアは魔女達を統べる人だけあって物腰も丁寧な大人のお姉さんです。

テオにかけられたのは、呪いではなく真の姿に戻す魔法だとか…
テオは竜族ってこと?
アルフも竜らしいです。

で、テオを戻すには、虹龍石ってのが必要らしい。で、ルーシャは責任を感じてその石を一人で取りに行ってしまったとか…

鬼ごっこまでした時風の結晶の存在は一体…?


クレアが勝手に凹んでるんですが、やっぱり魔女ってなんか変…

カテゴリー:ルミナスアーク

[LA -2-] 魔女バスター!?


単純なシステムなのに、私が下手なのかどうなのかまだ序盤なのに結構ピンチになってしまいます。
戦闘中に死んでも、どうやらペナルティは無いようなのですが、私が嫌なので死なないように頑張ってるせいだろうか…。

[第3章 魔女討伐]
パルの森に魔女らしき人がいるらしいから倒してこいという事で、ガーデンチルドレン出動っ!!
皿洗いはしたくない癖に討伐には同行するメイドって…(汗)

この戦闘から、アルフ以外は選択して戦闘参加させなきゃいけないみたいですね。

気づかず連打してたら一人で戦闘に( ̄□ ̄;)!!

流石に序盤とはいえ、一人ぽっちで勝てるとは思えません。
慌ててリセットしたんですが、このゲームセリフ送りがもっさりしているから、なんだかイライラ…。
急いでいる時用の一気に飛ばす機能が欲しかったです。

このボスらしきお姉さんよりも、アーチャー2人の方がめんどくさいです。
レベルを平坦にしようとしたら、序盤なのに難しくしてしまった^^;

セシルが回復キャラなのに、行動が異様に遅い…orz

1周目なのに、何度もこの章をやったような気になりながらようやくクリア。
なんだか裏がある匂いがプンプンですが、とりあえず水のラピスティアを確保しました。
そしてこのステージからアフターブレイクとやらが出来るように~。
誰か一人と親密になれるようです。
とりあえずヒースさんを選択♪

ところで、セシルも魔法を使ってますが、魔女じゃあないんですね。
魔女って何を基準なんだろう…。やっぱ魔力かな?


次のカーウェイの町へ行く途中のハインツ平原はフリーバトルエリアらしいです。
しかし一番最初に通り過ぎる時は絶対エンカウントするんだろうか。
何度も戦ったり、アフターブレイクはフリーバトルでも出来るようなので、ここでレベル上げv
敵のレベルが固定なので、レベルの上がりが悪くなってきたあたりで次へ…


[第4章 紅蓮の魔女]
カーウェイの町にやってきたキングストン枢機卿にご挨拶に来ました。

ヒースさん曰く、メイドも部隊の一員らしいですよ。
だからお前子守りとかさせられて微妙に左遷なんだろ…

皆で仲良く挨拶に伺おうとした所…

「待て待て待てーい!」


ぶるぅあぁぁぁぁー!!


なんか暑苦しい人出てきたー!!
しかもボイス入り(笑) 若本ボイス(爆笑)

「この、上腕二頭筋にかけてぇぇ~!!!」

うわー(汗)

このDSの小さな画面で見る限りでも変な兜だと思いましたが…
案の定変な格好らしい…

こんな序盤からこんなお約束な人が(笑)
どうしてこの人が側近で、ヒースさんの役目が子守り騎士養成なんだろう。

で、当のキングストンもなんかやな感じです。
あまりの嫌な感じさに、

メイドが真っ先にブチ切れた。


まぁメイドがキレるのも無理も無いっつー事で、行動中でもボロクソ言われてるアンドレ殿ですが…
紅蓮の魔女ことヴァネッサがいきなり登場。
しかも二つ名まで思いっきり名乗ってるし… 「あたしの名はヴァネッサ!またの名を紅蓮の魔女!」
ヒース様!?

いたのかアンタ!?

断罪の使途ヒース…まだ別の二つ名を持ってるんですか…ヒース様…^^;
どうやらアンドレから逃げてきたらしいですヒース…(苦笑)

「かかっておいで、坊やたち」とか言われ、戦闘かと思いきや、ルーシャがやってきて割って入りました。
待つだけじゃ何も救えないとルーシャに言うヴァネッサ、魔女達にも何か事情がありそうです。

ヴァネッサは1人レベルが高めでしたが、ちょこちょこレベル上げしてたのでそんなに苦労せずに倒せました。
ヴァネッサが風のラピスティアを使おうとした時、ルーシャがヴァネッサの前に飛び出、
そのルーシャを庇ったアルフの不思議パワーが炸裂。
「これは……リムの……力……」
なんかやっぱりわけ有りの力らしいです。

なるほどって何か勝手に納得したヴァネッサ、また様子を見に来るとかなんとか言い残して去ってしまいました。

で、ヴァネッサとの関係を問い詰められたルーシャは…

「えぇ、私は魔女よ」


あっさり認めたー!?

誤魔化そうとしていたアルフの立場は…(汗)
つか魔女をメイドに雇ってたなんて確かに不覚だろうよ…
弱すぎとか言われてしまい、ルーシャvsヒース!? とか思ったその時、


「おひょ~!」


また誰か来たー!?


「ルーシャ!無事でござるかぁ?迎えにきたのじゃ~。」

なんか見た目と喋り方噛み合ってないんですけど(滝汗)

メルとかいう魔女が迎えに来て、ルーシャはアルフに「いずれ迎えに来る」と言い残して行ってしまいました。


「どろろ~んぱ!!」


最後まで何その呪文!?


ボイスが入ってるからまたさらに脱力感が…^^;


ヴァネッサは、ルミナス教の片翼と言われる、東方騎士団?を壊滅させ、風のラピスティアを奪っていったんだそうです。
状況確認の為、東方賢者支部へ向かう事に…


[第5章 旅立ち]
カーウェイの町から、ロット山道を経由して東方賢者支部へ向かいます。
東方賢者支部は野戦病院と化していました。

と、そこへキングストン卿がのこのこ登場。なんの用かと思えば、
緊急事態なので特殊守護騎士団の『クロウナイツ』を結成するとか…
超エリート部隊だそうです。
でもアンドレが騎士団長なんだとか…

なんだか妙に不安…

しかしその不安エリート騎士団に、ヒース様も召集されてしまいました。

ガーデンチャイルドは?解散…
ではなく、
別に重要な任務があるそうです。


紅蓮の魔女を断罪し、存在する全てのラピスティアを探し出して持って来い


それって教団の守護より大変じゃね?


そして、キングストンが考えたこの部隊の名称は…



特務小隊 魔女バスター



何そのダサい名前ー!?


効果音で変な音鳴りましたよ。
さすがにこれには一同唖然。
アンドレさえ「さすがに…その名前は……」とか言われる始末。

結局ヒースの提案で、「フェイタルハウンド」になりました。

ラピスティアが全部で何個あるかわからないけど探して来いって…何それ…(汗)

今の実力を確かめる為に、ヒースと戦う事に。
レベルが固定なのかはわかりませんが、射程外で待機して一気に行ったらあっさり勝てました。
ヒースに勝ったという事で、リーダーに任命されましたー!
でも隊員って4人ですか!?

まずは何の手がかりもないので、半年前までガーデンに居たニコラっていう人に会いに行く事に。
セシルのストーカーらしいです(嘘)

ウォール平野とユーラス街道を経由して、港町リジェットを目指します。

カテゴリー:ルミナスアーク

プロフィール

Author:Sister☆
RPGゲーム大好きなヘタレゲーマー。
最初のクリボーでやられます。
プレイ日記を書いたりするのが好きです。

現在進行形
スパロボV

相互リンク等は
はじめに、このブログについてより

ご連絡が必要な際は
こちらのメッセージフォームより

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示